分析を始めるなら、ここから!最初にやるべき3C分析とは?

3C分析とは

3Cとは「Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)」の3つの頭文字を取ったフレームワークです。これを使って、市場における自社のポジションや競合の環境などを分析する事が可能になります。基本的に3Cはそれぞれ以下の様なイメージで関係していると考えてください。

このことを踏まえた上で、それぞれの項目で何を調べるべきかをご説明いたします。

市場・顧客(Customer)分析

ここで調査する主な項目は

・業界の市場規模
・市場の成長性
・顧客の消費行動/購買行動/ニーズ

競合(Competitor)分析

ここで調査する主な項目は

・競合の理念/ビジョン
・競合の業界ポジション
・各競合の特徴(戦略・保有リソースなど)
・競合各社の現状シェアと推移
・注意すべき競合対企業と特徴と今後想定される行動(自社への対抗手段など)

自社(Company)分析

ここで調査する主な項目は

・自社の企業理念・ビジョン
・ヒト/モノ/カネの現有リソース、強み、弱み
・既存ビジネスの特徴、強み、弱み など

3C分析のやり方について

今回、ご紹介する3C分析の一番の良いところはシンプルで導入しやすいことです。その利点のおかげで、だれにでも分かりやすく結果を伝える事が出来ます。
手順も至ってシンプルです。以下をご覧ください。

①先ほど挙げた項目の事実をとにかく収集する
ここでは考えや推測などは何もいらず、事実に則した内容を項目に沿って羅列します。
解釈や推測などを行う場合は、別のものを使用するので、一旦は気にせずに進めます。

②活きた情報を収集する
競合などの情報は集める手段が限られることが多く、ネットの情報やどこかで手に入れられる情報、
つまり、ありふれた情報で終わってしまう傾向が見られます。
しっかりと顧客の声を聴き、自らが体験するなどして、活きた情報を収集することを心掛けましょう。

③SWOT分析にかける
今まで集めた情報、事実達を「解釈」します。その際に内部環境と外部環境、更にプラスとマイナスの要素に事実を分けて解釈をしていくのがSWOT分析です。
※SWOT分析については、次の記事でご紹介させて頂こうかと思います。

それが終われば、自社の強みや顧客に与えられるバリュー、市場の脅威などが総じて見えるようになり「戦略目標」が自ずと立てやすくなります。ここまで根拠が揃っていれば、社内調整や会議でも通しやすくなるはずです。まだ、そんな段階では…といった場合には情報収集から始めて、周囲の状況を理解していく事から始めてみましょう。