まずはこれだけ抑える!マーケティング初心者のためのWEB用語

販売戦略の立案や自身のスキルアップなどなど、マーケティングが必要になる場面はとても増えてくると思います。ですが、マーケティング業界は3文字のアルファベットや横文字などが多数ありとっつきにくい印象が多々あるかと思います。今回はそんな初心者の方にこれだけ抑えておくべき!といった
Webマーケティング用語について説明します。

・KGI
「Key Goal Indicator」の略で、「重要目標達成指標」という意味です。後にご紹介するKPと関連が深く、KGIは最終的な目標を達成できているのかを見ている指標となります。これが達成できれば、
自身や部署に課せられているミッションが達成出来た証となります。

例:ECサイトの売上など

・KPI
「KPI」とは、「Key Performance Indicator」の略で、「重要業績評価指標」という意味を持ちます。先ほど、ご紹介した「KGI」を達成するための中間的な指標、途中経過を表すものです。この指標の進捗が悪ければ、今行っている施策や行動、稼働が機能していない可能性があるといった業務の
見直しなどにも使用します。

例:ECサイトのお客様の単価や訪問数など

・CV
こちらは、「Conversion(コンバージョン)」の略でWebマーケティングの世界では「成果」といった意味になります。日本語に置き換えると「変換」とか「転換」という意味を持ち、ユーザー様の状態を変換、転換出来たというイメージです。オフィシャルサイトやECサイトなど、全てのWEBサイトで
使用されるものです。

例:ECサイトでは商品購入、公式サイトでは資料請求やイベント参加など

・CVR
CVと関係が深い項目であるCVRは「Conversion Rate(コンバージョン率)」のことです。ECサイトであれば、訪問してくれたお客様がどれくらい商品を買ってくれたのかなどの目安となるものです。

基本的には CV数 ÷ サイトの訪問者数 といった計算式で算出します。

・CPA
こちらもCVに関係が深い項目ですが、「Cost Per Action」の略で「顧客獲得単価」と呼ばれるものです。売上に繋がった成果(商品購入や資料請求など)を1つ獲得するまでに掛かった費用のことを指し、
特にWeb広告の費用対効果を測るときに使用されます。

計算式は「顧客を獲得のために行った施策にかかったコスト」÷「顧客の獲得数」となります。

まだまだ、よく使用される単語などはありますが、上記を押さえておくだけでも外注先のマーケティング会社や制作会社とのコミュニケーションがスムーズになったり、自身でマーケティング活動を行っていく際の振り返りなどがしやすくなります。多々あるものを全て把握する必要はありませんが、
この機会にまずは初級編だけでも覚えてみるのはいかがでしょうか。