YouTubeでリモート動物園?新型コロナウイルスで自粛ムードの今こそ伸びる市場

現在、日本国内でも新型コロナウイルスの流行が広がりつつあります。

参考 「不要不急の外出は控えて」 政府、感染拡大防ぐためlivedoor ニュース

これに際し、政府の専門家会議の座長を務める脇田隆字・国立感染症研究所長は「テレワークの促進や時差出勤のほか、不要不急の外出を控えるといったこと」を、個人が取るべき対策として挙げたとのことです。このニュースがリリースされた直後、Twitterでは「不要不急の外出」というワードがトレンドの上位となりました。

主な反応としてはこのように、不要不急の外出やテレワーク、リモートワークは現実的ではないという声が多数です。そもそもリモートワークが難しい業種、職種もあるでしょうが、それを除いても国内の企業でリモートワークが可能な制度が整っているのは少数でしょう。

仕事に限らず、外出を控える傾向が強くなり消費の落ち込みが予想されます。しかし逆に言えばそれは家での活動が増えるということであり、そこにフォーカスすることで今までアプローチしてこなかった、もしくはできていなかった層を取り込むチャンスにもなり得るのではないでしょうか。

今回は長崎バイオパークの積極的なYouTube展開を分析することで、自粛ムードに即した「リモート」なサービスの提供事例の紹介としたいと思います。

リモートの強み

仕事や学校以外でも不要不急の外出を避けるとなると、余暇の過ごし方にも影響が出てきます。

リモート娯楽というのはつまり、本来外出したり遠出したりしなくては体験できないものを現地よりも近い場所や自宅で体験できるようにすることで、一例としてコンサートの中継を映画館などで見るライブビューイングなどが挙げられます。同時性を問わずに考えれば、映画を自宅のテレビやディスプレイで視聴できる動画配信サービスなどもリモート娯楽だと言えます。

参考 新型肺炎で「自宅待機」 映画を無料でネット配信は「英断」か?withnews

中国では、新型コロナウイルスの流行で映画館の閉鎖などが相次いだ結果、多くの映画が上映の延期を余儀なくされました。その中でTikTokなどを運営する中国の「字節跳動」は、人気シリーズの最新作である『ロスト・イン・ロシア』の放映権を約100億円で購入し、ウェブで無料視聴できるようにしたのです。

集客を見込んでいた映画館としてはたまったものではないでしょうが、裏を返せば、家から出ず遠隔地から娯楽に触れられるサービスの強みが浮き彫りになったと言えます。

本来特定の空間や施設に行かなくては体験できないものが自宅で体験できる。もちろん体験の質はまったく異なるものになりますが、時間や空間の制約から逃れることは「浅く広く」のアプローチとして極めて有効なものであると考えられます。

動物園のYouTubeチャンネル

長崎県の動物園「長崎バイオパーク」のとあるYouTube動画が話題になっています。

内容は至ってシンプルで、ただカバがスイカを食べているだけの動画ですが、それがなんと再生回数1億回を突破したのです。その要因の分析は後述しますが、ここでは動物園がYouTubeチャンネルを運営しているということそのものに着目します。

参考 長崎バイオパーク公式 動画YouTube

実際にチャンネルをご覧いただくとわかりますが、長崎バイオパークは非常に多くの動物の映像をアップロードしています。

チャンネル登録数は25万人。アップロードの頻度は大体1週間に2本というところでしょうか。多くが1万回以上再生されていて、安定した人気を得ていることがわかります。

ちなみにTwitterにも公式アカウントがあるのですが、こちらは写真の投稿がメインでYouTubeとは住み分けがされているように見えます。Twitterのフォロワー数は約15万人で、YouTubeのチャンネル登録者数の方がかなり多くなっています。扱っているのが動物なのですから、やはり文字通り動いている姿を見たいということでしょう。

登場する動物も、哺乳類から鳥類、爬虫類にまで及び非常に多彩です。様々な動物が隣り合い、人が集まって動物たちの活動する姿を見ているという点で、このYouTubeチャンネルはある意味でデジタルな動物園だと言えます。

本来は動物園に赴かないと見ることができない動物たちの生態を家にいても楽しむことができる。つまり、長崎バイオパークのYouTubeチャンネルはリモートで楽しめる動物園なのです。

参考 再生1億回 人気ユーチューバーのカバ、人件費分も稼ぐ産経ニュース

こちらの記事によれば、YouTubeの広告収入だけで1~2人の従業員にかかる年間の人件費を賄うことができるほどの収益を得ているとのことです。 オンラインの「来客」をしっかりと収益につなげていると言えます。有料会員限定の動画として公開することなども収益化の手段の1つではあると思いますが、パークの宣伝も兼ねていると考えるとやはり無料での展開が望ましいでしょう。

なぜ1億再生を突破できた?

ところで、大半の動画の再生数が数万程度である中で、なぜスイカを食べるカバの動画はまさに桁違いとなる1億超えの再生数を記録できたのでしょうか。

先程の動画の紹介記事には「14年に公開し、3年後に英語のタイトルと字幕を付けると、瞬く間に世界を席巻」とあります。そしてその結果、2019年上半期の外国人来場者数は前年同期にくらべて25%増加したということです。

しかし字幕や英語のタイトルのついた動画は他にも大量にあり、外国人の注目が上乗せされたというだけではなぜカバの動画だけがこれほどの再生数になったかの説明としては不十分です。

爆発的な再生数の伸びの、英語字幕の追加以外の理由は動画のタイトルからわかります。

『カバのスイカまるごとタイム Hippo’s watermelon ASMR』。これが動画の正式なタイトルです。一見すると日本語と英語のタイトルが並んでいるだけで特別なことはないように見えるかも知れませんが、最後の一語に注目です。

ASMRとはAutonomous Sensory Meridian Responseの略称で、簡単に言えば人の聴覚や視覚の刺激によって頭がゾクゾクするような不思議な心地よさを得られる体験のことを指します。もっと広義に言えば、気持ちのいい音くらいの意味と捉えてもいいかもしれません。雨音やサクサクした食べ物を食べるときの音など、内容は非常に多岐にわたります。

ASMRはYouTubeでジャンルとして一定の人気を博しており、2019年2月18日時点で再生回数1千万超えの動画が約30本あります。長崎バイオパークはカバのスイカの咀嚼音や映像としての爽快感に目をつけ、ASMRというジャンルの人気の力を借りることにしたわけです。

はっきり言ってしまえば、この動画はかなり広義の意味でのASMRではあるかもしれませんが、音の質などの点から一般的なASMRとは異なるものです。しかしタイトルASMRとつけたその効果はあったようで、動画のコメント欄にはASMRの動画を探しているときに見つけたという声が多数ありました。

今ではASMRの動画の中でトップの再生回数となり、検索時に一番再生数の多いASMRとして常に一番上に表示され続けるようになっているため、人が人を呼ぶという状況が形成されていると言えます。

1億再生突破の最大の要因がこれであると断定することはできませんが、少なからず再生回数に寄与していることは確かです。ただ動画をアップロードするのみではなく、トレンドを意識した捉え方をすることでより多くの人の目に留まるようにした1つの巧みなマーケティングだと言えるでしょう。

まとめ

  • 長崎バイオパークのYouTubeチャンネルはいわばリモート動物園である
  • 大きな広告収入を得られるようになる
  • 海外からの客を誘引できるようになる
  • トレンドを意識したコンテンツの切り取り方が鍵になる

以上、長崎バイオパークの取り組みを通じて、現地への訪問という本来の形とは異なるリモートの消費スタイルを意識した施策を行うことの意義とその手段をご紹介しました。もちろんこれは一朝一夕にできることではありませんが、このように普段から遠隔地のユーザーを意識しておくことは非常時、平時ともに重要なことだと考えます。

仕事であれ娯楽であれ、移動による時間や金銭的なコストが不要であることは大きな意義を持ちます。とりわけ娯楽においては、基本無料のサービスが巷に溢れている中でまず気軽に触れてみてもらえるという点で、遠隔でのサービス提供は大きな武器になります。近年成長著しいVRのような技術もその追い風になるはずです。

どのような業界であれ、サービスやコンテンツの中身や質にばかり気を取られることなく、こういった入口戦略をしっかり立てていくことはファンを生み出す上で非常に重要なことなのではないでしょうか。外出を控える風潮にある今こそ、物理的・関心的に遠い人にどうアプローチするかを考えるべきときなのかもしれません。