Jリーグ各チームが行うこの難局を”乗り切る”施策をまとめてみた

しばらくの外出自粛は場所を問わず、まさにそこら中で多大な影響を及ぼしています。

Jリーグ、というかスポーツ業界も例外ではありません。Jリーグはようやく「開幕できるか?」というところまで来ましたが、開幕しても「観客が入れない、制限される状態」と興業としては痛い形となるでしょう。

それでも開幕されることで、少なからず消費行動は伴うだろうし、サポーターからしたら「待ってました!」と言わんばかりのイベントであることは間違いありません。

ただ、それでも以下のような記事も出ており、まだまだ不安はぬぐえないかもしれません。

参考 「新型コロナ経営悪化」に苦しむJリーグ。サガン鳥栖・20億円赤字は他人事じゃないbusinessinsider.jp

そこで、今回はこの未曾有、前代未聞の難局に直面しているクラブが、どんな施策を行っているのかをまとめていこうと思います。

そして、少しでもこんな形で知恵を絞りながら各チームが奮闘していることを知ってもらい、何かのきっかけになれれば嬉しいです。推しのチームでなくても、Jリーグ全体を盛り上げる気持ちで読んでいただけたら幸いです。

※なお、公式サイトのニュースリリースなどを見て、自粛期間中の施策に該当しそうなものをPickupしています!初回の今回は個人的におもしろいなぁと感じたもののみとなっていて、すべてのチームは記載していませんが、後の記事などでも出させていただく予定です。

横浜F・マリノス

・STAY STRONG TOGETHERプロジェクト

このプロジェクトは「クラブに携わる全ての方々と共に乗り越える」 という思いを込めて、立ち上げられたものです。ちなみに立ち上げ理念は以下。

この “STAY STRONG TOGETHER“ の言葉には、「クラブに携わる全ての方々と共に乗り越える」 というクラブとしての思いが込められています。新型コロナウイルスとの戦いの長期化が想定されるいま、大歓声がこだまするスタジアムに安心して戻り、ファン・サポーターと選手が一体となって喜びを分かち合い、またすべて人々にとっての日常が戻るまで、この言葉と共に皆さまとつながり続ける取り組みを行ってまいります。
(f-marinos.comより引用)

他のクラブでも見られるのですが、「〇〇編」といったように分けてプロジェクトを進めています。

参考 「STAY STRONG TOGETHER」【パートナー編】f-marinos.com

上記のパートナー編では、パートナーとして組んでいる企業の商品をサポーターやホームタウンの人に向けて日頃の感謝も込めてPRをしています。

また、チャリティーグッズとして、洗って使えるマスクやエコバッグ、Tシャツなどを販売しています。チャリティーグッズの収益を充当してホームタウンを中心にマスクを寄贈しているようです。

周囲が辛い今だからこそ、チームとしてサポーターやパートナー企業のために動く。これはサポーターならずとも胸を打たれると思いますし、サポーターであって良かったと感じさせるでしょう。これ以外にもホームタウン テイクアウトマップを公開して、地域に還元できるような動きが目立ちます。

・選手企画オンライン配信「Stay Home with F・マリノス」

4月18日に行われた「Stay Home with F・マリノス」は、おうち時間をより楽しい時間にすることを目的として、選手自らが発案したオンライン配信企画です。

この企画の特徴と言えば、何と言っても通しで6時間選手が企画したものをインスタライブ配信する点です。YouTubeチャンネルでもサポート配信を行うなどして、なるべく多くのサポーターに見てもらえるように考えられています。

参考 選手企画オンライン配信「Stay Home with F・マリノス」開催のお知らせf-marinos.com

Talk Liveをメインとしつつ、ゲーム対決や料理対決など、ピッチの上では見ることのできない一面を魅せると内容となっています。YouTubeに上げられた視聴回数を見る限り、サポーターの反応も良いものであったことが伺えます。

ベガルタ仙台

・ベガッ太 ルターナを探せ!

ベガルタ仙台は他のクラブと比べると、ユニークな施策を行っています。オフィシャルサイトに隠されたベガッ太 ルターナ「発見!」バナーを見つけて、ポジション別になっているぬり絵をダウンロードできるというもの。また、期間は若干違いますが、ビデオ会議用の背景画像を入手することも可能です。

参考 ベガルタ仙台 ビデオミーティング用背景画像をダウンロード「ベガッ太 ルターナを探せ!」のお知らせvegalta.co.jp

ただ、配布するよりも少しでも楽しんでもらおうとコンテンツの配信方法で工夫をしていることが分かります。難易度別などにして、バリエーションを出すこともできますし、今後より展開が広がりそうな企画だなと感じます。

名古屋グランパス

・名古屋グランパス オンラインチャレンジカップ

今、注目が集まっているe-sportsですが、それを外出自粛の今だからこそできることとして『EA SPORTS™ FIFA 20』を使用した、『名古屋グランパス オンラインチャレンジカップ』を開催しています。

参考 ファミリーの皆さんを元気に!プロジェクト『名古屋グランパス オンラインチャレンジカップ』開催のお知らせnagoya-grampus.jp 参考 名古屋グランパス オンラインチャレンジカップ大会専用サイトcnci.co.jp

大会の内容はトーナメント方式で予選、上位2名を決定後に名古屋グランパスeスポーツアンバサダーのミノ選手、BLUE BEES所属のeスポーツプレイヤーとフレンドリーマッチができるなど、サポーターにとっては非常に嬉しい内容となっています。

当然、YouTubeでの配信もあり、擬似的に観戦を楽しむことも可能です。リアルな試合ではないかもしれませんが、しのぎを削る戦いには変わりありませんので十分楽しめる企画だと言えます。トーナメント当日などにはUGCの発生も期待できるので、2次的な効果も見込めるでしょう。

まとめ

今回は気になったものをまとめてみましたが、まだまだ他のチームでも行っている企画はあります。また、これから開催されるものもありますので、各チームの動向を楽しみにみていきたいですね。