一人のファンの熱狂が企業を支える!インフルエンサーよりもアンバサダーが必要なわけ

より多くの人に商品やサービスを届けようとするとき、みなさんはどんなマーケティング手法を使いますか?様々な選択肢があるかと思いますが、その中にはインフルエンサーマーケティングを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

インフルエンサーマーケティングは、ユーザーが発信力を付けてきたことに加え、企業からの一方的なコミュニケーションを望まなくなった昨今では、効果的な手法の一つだと言えます。ですが、今ではインフルエンサーよりも「アンバサダー」の存在がマーケティング業界では大きく取り上げられるようになってきました。

インフルエンサーとアンバサダーの違いなどを交えながら、「アンバサダーマーケティング」の重要性を紐解いていきます。

アンバサダーは「熱狂的なファンであり、インフルエンサーでもある」

そもそも、アンバサダーとはその企業のサービスや商品(プロダクト)が好きな熱狂的なファンのことを指します。「熱狂的」と表現するのは行き過ぎのように感じられるかもしれませんが、アンバサダーと定義されるファンは熱量を伴います。

取り立てて言えば、友人知人に自ら積極的に情報を拡散したり、無償で商品・サービスを勧めたりしてくれるような存在なのです。こちらが何を推すわけでもなく、自発的にこれらの行動を取ってくれることがポイントです。

サービスや商品を広めてくれる点では、インフルエンサーと似ていますが、決定的な差は「熱狂的であるか否か」です。

インフルエンサーはフォロワー数などの広めるための地力が強く影響します。芸能人が何かの商品を勧めているようなシーンが最も分かりやすい例ではないでしょうか。

それとは対照的にアンバサダーはフォロワーなどの数を見ません商品やサービスに対して「熱狂的」でさえあれば、総じてアンバサダーとなるのです。芸能人のように有名であろうとなかろうと、関係なしに純粋に愛情や熱狂度で決まるのです。

一緒に盛り上げるのがアンバサダーマーケティング

では、アンバサダーがどういったことかを明らかにしたところで、それをマーケティングに活かすのかについて、簡単に触れておきます。

基本的には自社からユーザーに働きかけるのではなく、アンバサダー対ユーザーという構図になります。企業が顧客の中からアンバサダーを選定し、ユーザーにSNSや動画サービスなどを使用してPRをしてもらいます。

多くの中からアンバサダーに選ばれた人は大きなモチベーションとなり、それだけで承認欲求が非常に満たされ、ますます熱狂度の高いファンとなるでしょう。そういったモチベーションが高く、ファンとして質の高い人と一緒に盛り上げることこそ、アンバサダーマーケティングの醍醐味となります。

唯一のデメリット?選定がカギとなる

熱狂的なファンの積極的なPRが期待できるマーケティング手法ですが、デメリットも少なからず存在します。それは「アンバサダー」を見つけることが難しいということです。

一般的には「アンバサダー」を募集するキャンペーンなどを実施しますが、SNSでの発言や行動、反応から選別するのもよいでしょう。後者で探す場合は以下のような動きに注目します。

  • 多くの人に働きかけをしてくれている
  • 良い点と悪い点の双方を理解している
  • キャンペーンなどの企業の動きに敏感である
  • エンゲージメントが高い

これらの要素を満たしている顧客がいた場合は、アンバサダーになってもらうべきと言えます。

また、選定の際にはある程度の顧客の母数が必要になります。ライト~熱狂的なファンがいる中で、アンバサダーマーケティングでは誰でも良いという訳ではなく、熱狂的なファンが重要です。

口コミのネタとなる話題を提供することも必要ですし、その中からこちらの望む強い反応をしてくれているユーザーを見出していくステップも踏んでいかないといけません。

自社にとっての熱狂的なファンを定めて、その熱狂的なファンと協力してPRしましょう。

まとめ

アンバサダーマーケティングは、熱狂的なファンと共創していくマーケティングです。今の共創時代にぴったりの手法と言えます。今後、ますます顧客との関係値が重要となってくると思いますが、ユーザーの力が強くなり、広告に困っている企業にとって大きな光明となる得るのが「アンバサダーマーケティング」なのではないでしょうか。