まずはここから!サイト改善を始める前のGoogleアナリティクスで見ておくべきポイント

昨今のWEBサイトは作っただけでは終わらずに時代の流れなどを汲んで、適宜変わっていく事が求められるようになりました。更に変わっていく際にもサイトの目的に沿った方向である必要があります。ユーザーの観点から見ても更新されていないサイトは離脱の理由になる事もあり、日々運用していく必要性は高まっています。

そんな中で、他の業務と兼任しながら改善や運用を行う方も多いと思います。調べたりして、手を付けては見たけれど、いまいちやっていることが正しいかどうか分からない…といった状況もあるかと思います。今回はそんな方の力になれればと思い、僕が基本的にサイト改善のためにGoogleアナリティクスで、最初に見るポイントを大きく分けて、いくつかご紹介したいと思います。
※サイトによって目的などが変わるため、不必要な部分は読み飛ばして頂ければと思います。

新規/リピーター


サイトの方向性で大きく変化はするものの、自社の状況が一番分かると言ってもいいポイントだと思います。どちらの方が多いから良いと一概に言うことは難しいですが、濃いファンを増やしていきたいのであれば、リピーターの割合や数を気にする方が良いと言えます。単純に言えば、リピーターが多いということはサイトにより多く訪問してくれているということになるので、サイト訪問に多くの時間を割いてくれている可能性が考えられます。

チャネル(流入経路)


自社のサイトのどこから来ているかというのも見るべきポイントとして挙げられます。ユーザーを取り巻く環境は多岐に渡り、それに呼応する形で訪問する経路も様々です。基本的には自社が用意している経路以外に来ることはありませんが、ココから一番来てほしい!という狙いや意図は多くの場合に存在します。ですが、必ずしもその意図通りになっている事の方が少ないです。その場合は、なぜそこからの訪問が少ないかを考え、施策を講じていきましょう。自社までの訪問経路でどこが多くて、どこが少ないかは重要ですが、次の項目と合わせて見るとより重要な打ち手が分かるようになります。

CVR


最後にご紹介するのはCVRです。こちらは今までご紹介した新規/リピーターや流入元と掛け合わせて見る事で、より大きな意味を持ちます。CVRとはECサイトでは購入率、資料請求などを設けているサイトでは請求率となり、大きく括れば自分たちがしてほしい行動をユーザーが取ってくれた率となります。これを 新規/リピーターや流入元ごとに見ていく事で、それぞれがどれだけこちらの意図した行動を取ってくれたのかを見る事が出来ます。one to oneマーケティングなどが叫ばれるようになってから、それぞれのユーザーに対して、一律の施策を講じる事は少なくなりましたが、サイト改善に着手するために概ねの傾向を把握するのであれば、ここを押さえてくのは必須と言えます。

まとめ

大きく分けてご紹介したポイントでしたが、最後のCVRについては上記以外にもいろいろなセグメントと掛け合わせて見る事が可能です。Googleアナリティクスは様々な情報をいくつも掛け合わせて、より詳細なセグメントに絞ったユーザー行動まで見る事が出来ます。今回ご紹介した内容を参考にして頂き、自社に必要なユーザーの情報などを調査してみてください。きっと、気付きが出てくるはずです。