競合他社に打ち勝つ分析方法!

企業が様々な取り組みを行う上で、Webサイトが必要になります。

ユーザーに対して満足いただけるように、自社の存在を知っていただくためにも、Web戦略を実施するために「競合分析」が必要不可欠になってきています。ここでは「競合分析」の目的をご紹介。

「競合」とはなにか?

まず、「競合」を定義する必要があります。例えばスポーツ業界であれば、細かなジャンルはありますが、他チーム、他メーカーが競合と呼べるのではないでしょうか。分析を行う上では、この定義を決める事が最優先です。

大事な観点の一つとして「自社の顧客になりうるユーザーが、検索する可能性のあるキーワードを検索上位に表示されるWebサイト」のチェックも挙げられます。検索結果の調査は意識しておくべき大事な観点です。

競合分析を行う目的

競合分析を行う目的は2つあります。
※図で言うと中央部分

1つは他社との「狙いの差別化」

競合他社と「差別化」を図り、年齢層、性別などをセグメントで分け、どのようなコンテンツをユーザーに提供するか、ターゲットを定める必要があります。

そのためには、自社Webサイトのデザイン、ランディングページを徹底的に比較し、自社Webサイトの強みを活かしましょう。

そしてもう一つの目的は、「吸収」です。

分析調査を行う事で色々な視点が必要となり、結果的に競合Webサイトの良いところを自社Webサイトに取り込むことになります。他社との比較は自社Webサイトをより成長させるヒントになるのです。

例えば、某スポーツメーカーA社のサイトと某スポーツメーカーB社の比較を行うとします。

A社とB社のサイトでは、両社のサイトを比較しても、デザインなどでそれといったサイト内に大きな差はありません。しかしA社にはジャージなどの商品ページにサイズの詳細等が記載されています。それに対して、B社の商品ページにはサイズ等の情報は記載されていません。

どちらのサイトがより、ユーザー思いなサイトかは言うまでもないですね。このように、様々な競合Webサイトを比較し、競合他社の強みを吸収していってください。

では、続いて実際の方法を見ていきましょう。

実際の手順➀~競合分析を行い、他社に一歩リード~

まず始めに、インターネット上で製品を購入するときや、サービスを利用する際は、1つのサイトだけを見てその会社の製品やサービスに決定する人はあまりいません。

ほとんどの場合は、複数のサイトを検索し、比較していき最終的に決断をくだします。自社の製品、サービスを利用してもらうには、競合他社より優れたホームページが必要になります。

それには、自社と他社の比較を行い、強みと弱みを把握する必要があります。

実際の手順➁~自社、他社のターゲットを分析~

他社との比較も大切ですが、まずは自社のターゲットを把握しましょう。

自社の製品やサービスは、どの年齢層、性別が対象なのか、自社が対象とする顧客像が明確でないと、競合分析をしても出しにくいです。

ターゲットを明確にし、自社と同じターゲットに対する、競合他社のサイトを選定します。

実際の手順➂~集客方法を調査する~

次にユーザーはそのサイトをなぜ知ったのか?「知るきっかけ」を分析しましょう。

競合他社の分析、ターゲット層の分析を行い、最高のWebページが完成しても、ユーザーに自社サイトの存在を認知してもらう必要があります。分析するWebサイトが決定したら、競合サイトの集客方法も合わせて分析しましょう。SNSを活用し、人を集めているのかなど、競合サイトの集客の入り口を調査します。

また、他にもアクセス数や訪問者の属性、平均滞在時間数、などを調べることにより、細かく他社サイトの状況が把握できます。

まとめ

ここまでの流れで、特に難しいことをするといった話はなく、「基本を押さえる」といった内容となりましたが、具体的に市場の中における競合との位置関係を明確にするフレームワークでポジショニングマップというものもあります。基本の情報などを押さえた上で、そういったフレームワークを使い、物事を整理して考えていくことも非常に有効な手段です。自分や自社の状況に最適な方法で、一度他社の分析を進めてみてください。