もうアウトソーシングに失敗しない!WEB制作の外注はここだけ抑える

WEB制作と言っても、年々対応するべき点が増え、複雑なものとなっています。WEBやITに日々従事している企業であれば、対応していくことは可能ですが、その他の業界ではなかなか難しいのではないでしょうか。

しかしながら、WEBサイトはブランディング観点でも必要ですし、ユーザー視点からも「あって当たり前」と思われています。そんな中で専門外のサイトを対応していくには多くの時間と工数が掛かってきます。その際に多くの企業様で「アウトソーシング」という選択肢が出てくるかと思います。

アウトソーシングはその道のプロに頼むことができる一方で、やり取りが増えたり、思い通りのものが上がってこなかったりと、多くの障壁があるかと感じます。

これを予防し、失敗しないアウトソーシングはどうしたら行えるかをまとめました。

見積額などの提示内容以外を見る

見積額を含めた提案内容は、適切に判断する必要があります。ですが、企業に直接貢献することは少なく、数値化も難しい自社サイトは優先順位が低くなりがちです。その意味では自社サイトの制作などは予算が少なくなる傾向があります。

だからこそ、デザイン制作費などに注目してしまいがちですが、費用の中に含まれているもの以外にも注目してみましょう。例えば、相見積もりを取った場合にはどのような提案の違いがあるのかを見てみましょう。

自社のことをどれだけ考えてくれているか。どれだけ、自社の社員のように考えてくれて、提案をしてくれるかを見極めるのです。それだけ真剣に寄り添って考えてくれる外注先であれば、大きな力になってくれますし、 失敗するということは防げるでしょう。

比較の意識を持って、可能性を見る

先ほども少し述べましたが、一つに絞ってしまわずに比較を行うことは非常に大切です。

個人的なつながりだけで依頼し、見積もりと予算だけを見て問題無ければ制作といったパターンもありえますが、この場合、本当に見積が適正なのか、自分たちのことを真剣に考えてくれているのかなどを客観的に判断できるかが重要となります。

毎回必ずとは言いませんが、懇意にしているところだけでなく新たな観点を取り入れるという意味でも複数の制作会社から見積もりを取るのは非常に重要になります。制作実績やデザインの嗜好性・幅広さ、運営までをトータルして請け負ってくれる、といった特色を見比べて選定をしましょう。

その比較を進めていると自ずと自分たちの欲している内容を見極めることにもつながります。

依頼内容の可視化がデザインの認識違いを防ぐ

最後にとても大事になるのが、依頼内容の可視化です。WEBサイトが持つ目的や、全体の戦略の中での自社サイトの立ち位置、参考としているサイトのイメージなど極力こまかなところまでを一つのフォーマットなどに落とし込んで、認識を共有・可視化しましょう。

最終的にこの可視化を行うとクオリティの担保にもつながり、アウトソーシング先からの成果物も満足のいくものになります。実はアウトソーシング先からの成果物に納得がいかない場合というのは、このフェーズが抜けていることが非常に多いです。

時にはMTGを行わずとも、この内容が固まりさえしていればお互いの足並みを揃えることも可能となります。

まとめ

近年、様々なメディアやSNSの登場により自社サイトを重要と捉える企業は減っているかと思います。そのため、予算を掛けたりするのも難しい場合もあるでしょう。

そういった背景をしっかり理解してくれる制作会社様も多く存在します。今回は自社サイトを例に取りましたが、それだけでなく一緒に協業体制を敷ける企業を選んでみるのがいいでしょう。