Instagram広告の特徴は?広告活用で成果を出そう!

ユーザーのフィードに表示がされるInstagram広告。Instagram自体の注目度や利用率の高まりからInstagram広告にも高い需要が見込まれます。Twitterなどと比べると拡散力が高いとは言えませんが、フォロワー以外のユーザーにリーチをしたいとなった場合には非常に有効な手段の一つと言えます。

Instagram広告にはいくつかのタイプが存在するため、特徴を理解した上でターゲットや目的に沿って適切に選択する必要があります。若年層の利用が多いInstagramで広告を活用して、上手く訴求を行っていきましょう!

リンクの設置が投稿との違い

基本的にはInstagram広告も通常の投稿もユーザーのフィードに表示がされる点は同様です。ただ、通常の投稿と大きく違う点はリンクの設置が可能であることです。

  • 通常の投稿 ⇒ リンクの設置不可
  • 広告    ⇒ リンクの設置可能

サイトの誘導などに効果を発揮できると言えるでしょう。

Instagram広告は様々な目的で活用できる!

上記の特徴は共通して、3つの広告どれにもあります。Instagram広告の主な目的としては

  • 投稿を宣伝する
  • ウェブサイトへのアクセスを増やす
  • ウェブサイトでのコンバージョンを増やす
  • アプリのインストール数を増やす
  • 動画の再生数を増やす

上記などが挙げられます。InstagramはFacebookと連携していますので、Facebookの管理画面からInstagramの広告の設定を行う事も可能で、Facebookで使用した広告をそのままInstagramに流用する事も可能です。

4つのタイプに分かれるInstagram広告

どれも共通して言えるのは広告の効果を高めるためには動画・写真どちらであってもクオリティの高さが求められます。それを踏まえた上で、それぞれを見ていきましょう。

使いやすさが一番!シンプルな訴求も可能な画像広告

1枚だけでなく、何枚かの画像をスライドショーのような形で表示させることが出来るタイプです。シンプルであるため、扱いやすい一方でクオリティなどは最も求められる可能性が高いかもしれません。

orangehouse_tokyo

画像の中に含まれるテキストは画像の面積に対して、20%以内に収めなければならないといった制限もありますので、テキストを挿入する場合は注意が必要です。

形式としては、正方形・長方形・縦長フォーマットといったものがあります。

構成力で勝負!カルーセル広告

1つの広告で2~10件の画像や動画を表示し、それぞれに別のリンクをつけられる特徴を持つカルーセル広告。

hags.ec

動画とはまた違った角度から1つの広告で様々な表現をすることが可能です。例えば、情報の詰め込みだけでなく、映像を何枚かに切り取って、コマ送りのような形でストーリー性を持たせた広告を意識すれば、ユーザーの関心を惹きつつ、心に残るものとなるでしょう。

また、カルーセル広告は一つ一つの画像や動画それぞれで効果測定を行うことも可能なので、どの部分が最も広告として機能したかといったことも測定し、分析することができます。

訴求力バツグンのストーリーズ広告

ストーリーズ広告はストーリーズ投稿の間に表示される動画型の広告となります。

famm_jp

普段、タイムラインを見ない層にもアプローチが可能であり、縦画面いっぱいに全画面表示で投稿、広告が表示されるため、それを見た人に対しては大きな訴求力・強い印象を残すことが出来ます。

また、見た人からは動画広告などと比べても広告と認知されにくく、好意的に受け取ってもらえるメリットもあります。基本的にストーリーズは投稿してから24時間で消えてしまいますが、ストーリーズ広告は消える事はありませんので、配信期間中は表示がされ続ける事になるという点も押さえておきましょう。

フィード投稿では画像広告よりも効果的な動画広告

先に、ストーリーズ広告について触れましたが、ストーリーズ広告が登場する前までは大きな力を有していたのが、こちらの動画広告です(まだまだ力はありますが)。

toonblast

最大60秒までの動画を表示可能で、フィード内に表れる動画広告までスクロールすると、自動で動画が再生されます。これにより、フィードを見るユーザーの目を留める力が非常に高いと言えるでしょう。

ここで大事になるポイントは自動で再生されたタイミングでユーザーの関心をどれだけ強く惹き付けられるかになってきます。最初の部分で惹き付ける事が出来れば、ユーザーへの働きかけは成功したと言えます。

まとめ

Instagramは近年の成長が著しく、いまだに成長を続けている最注目のSNSです。若い女性がユーザーの半数以上を占め、更に利用者を広げています。最近ではストーリーズのカルーセル広告といった広告手法も出てきています。今後の展開に注目しながらの運用を心掛けましょう。