YouTubeではじめる!動画マーケティング

YouTubeは全世界で約19億人のユーザーが利用している動画型のSNSです。投稿された動画は毎日60億時間以上も視聴されており、注目を集めた動画などは再生回数が億単位になるものもあるため、近年では企業のマーケティングにも積極的に利用され注目を集めています。 今回はYouTubeで行う動画マーケティングについて解説していきます。

YouTubeの大きな特徴

ユーザー数の多さ

冒頭でも述べましたが、YouTubeは全世界に約19億人のユーザーがいます。(2019年3月時点)また、91カ国80言語に対応しているため、世界中の人々に利用されている動画系SNSです。日本での人気も同様にあり日本国内の利用者数は6200万人を超えています(2018年12月時点)

参考 【最新版Excelデータ配布中】5大SNSユーザー数(Facebook,Twitter,Instagram,YouTube,LINE) と利用企業数比較Insta Lab

利用する年齢層も幅広く、10代~60代まで多く利用されています。様々な端末で視聴することが可能で人々にとって身近なサービスとなっています。

動画広告は、インストリーム広告やインフィード広告をメインに成長を続けており、広告主にとって選択肢はさらなる広がりが増していくでしょう。

参考 2018年の動画広告市場規模は昨年比134%の1,843億円に/モバイル需要が8割超え【CA調査】MarkZine

動画の最大の特徴は訴求したいことが音や動きで分かりやすく伝わることです。文字や画像だけでは伝えきれない情報を音と動きがプラスすることで使用感臨場感が伝わり、ユーザーが共感を生みやすくなります。これは市場が拡大した要因の一つでもあるでしょう。

SEO効果の期待

YouTubeはストック型コンテンツです。ストック型コンテンツとは、時間が経過しても価値が薄れないコンテンツを指します。旬を問わず検索されるであろう情報が掲載されます。利点としては、時期を問わず安定したアクセスを獲得できることです。

反対に時間が経過すると勝ちが失われてしまうコンテンツのことをフロー型コンテンツと言います。こちらは情報がタイムリーなので一気にアクセスを得られます。

動画が多くの人に評価されるとその動画のジャンルがYouTube内で良いコンテンツとして評価され、そのコンテンツを検索した際に検索ページの上位に表示されます。

検索上位に上がることで多くの人の目に触れる機会ができるでしょう。

例)「サッカー」と検索した場合

「サッカー」と検索した場合、上位に出てくる投稿が「サッカー」というコンテンツ内で利用者に高く評価されたものである。

YouTubeで行うマーケティングの3つのポイント!

上記の特徴を踏まえて、YouTubeでマーケティングを行う際のポイントを3つ挙げてみました!

YouTubeチャンネルを開設!

YouTubeには「チャンネル登録」という機能があります。利用者は気に入った動画を多く投稿するYouTubeチャンネルを登録することができます。

登録したチャンネルから最新の動画投稿があった際には、YouTubeトップページの登録チャンネル欄やおすすめ動画などでお知らせしてくれます。

このチャンネル登録者はファンの数なので、チャンネル登録者をいかに増やしていくかがポイントになっていきます。

登録したチャンネルは赤枠の部分で確認でき、新作の投稿があった際、通知をオンにしておくと右上のベルに通知が来ます!

YouTube広告の活用!

YouTubeを閲覧する際、必ずと言ってもいいほど見かけるのが「YouTube広告」です。動画のどこに広告を配置するかも大切になっていきます。

自身の投稿動画以外にも、作成したクリエイティブ動画を掲載することが可能で広告を表示するターゲットや頻度も細かく設定することが可能なので視聴しているユーザーに有益な情報を発信できるかも重要になっていきます。

また、YouTubeにはYouTube Premiumというサービスがあります。こちらは、月額1,180円で以下のサービスを利用できます。

YouTube Premiumで受けられるサービス
  • 広告なしでYouTubeの閲覧が可能に!
  • 動画をダウンロードしてオフラインで再生ができる
  • YouTubeのアプリでバックグラウンド再生が可能
  • YouTube Originalsの映画やシリーズを視聴できる
  • Google Play MusicやYouTube Music Premiumを料金内で利用できる

インフルエンサーの起用

YouTubeにおけるインフルエンサーは「人気ユーチューバー」です。

自身のチャンネルで人気を獲得するのは多くの時間や労力がかかります。そこですでに人気のあるインフルエンサーを起用し宣伝してもらうことで認知を広げていきます。

人気ユーチューバーの視聴者にいかに気に入ってもらえるかも重要なので、配信する動画の企画作りも大切です。

例)芸能人のYouTube

こちらは藤田二コルさんのYouTubeチャンネルです。美容の情報などで若い女性から注目を集めており、登録者も増加しています!

実際行われた事例集

お風呂でシンクロ?!

例)おんせん県おおいた公式(大分県広報広聴課)

こちらは大分県が2015年に公開した温泉のPR動画です。温泉でシンクロナイズドスイミングという珍しい内容で反響を呼び、公開から2カ月足らずで再生回数100万回を突破しました。2016年のギャラクシー賞CM部門選奨を受賞しています。

「新海誠」

例)日清食品グループ公式チャンネル

毎回一風変わった広告を出して話題になっている「日清」さんです。先日は「アオハルかよ」のシリーズで人気アニメ「ワンピース」とコラボしていました。

今回は新海誠監督の最新作「天気の子」動画で話題を呼んでいます。

まとめ

YouTubeでの動画マーケティングについて触れていきました。近年YouTubeの広告や新サービスが注目を浴びており、多くの企業がチャンネルを開設しています。他の企業と差別化できるように施策を練っていきましょう。